HOME
校訓と校歌
六輪の歴史
六輪の教育
 
 授業で育つ
 コミュニケーション活動で育つ
 先生も育つ
 地域・PTAで育つ
年間行事予定
学校日記
学年のページ
六輪っ子だより
 
 1学期 
 2学期
 3学期 
PTA活動
異常気象時・地震等における児童の登下校
    
 
1-10] [11-20] [21-30]
2

 
 久しぶりのわくわくタイム(縦割り活動)たのしかったね!

 6月14日(木)に、わくわくタイムで久しぶりに全学年が教室に集まって一緒に遊びました。感染症対策を行いながら、ハンカチおとしや爆弾ゲームなどに、満面の笑顔で楽しんでいるみなさんの様子が、とても嬉しかったです。この縦割り活動をきっかけに、友だちの輪がいろいろな学年に広がるといいなぁと思います。

 
1

 
 令和4年度がはじまりました!みなさんの元気な姿が嬉しいです!

朝、校門でみなさんを出迎えていると、元気にあいさつをしてくれる子がたくさんいます。みなさんの元気な声を聞くと、「さあ、今日もがんばるぞ!」と元気がわいてきます。
 六輪小には、昔から「あいさつ・返事・歌・掃除・時間厳守の六輪っ子」という合い言葉がありますね。この合い言葉の一番先に、「あいさつと返事」が出てくるのは、「あいさつや返事」は、人と人とのコミニュケーションの基礎基本だから、という意味があります。あいさつは、自分も友だちの心を温かくします。これからも、みなさんの元気な「あいさつと返事」が聞こえてくることを願っています。

 
*** 令和3年度 ***
29

 
 さあ、来年度も「夢中になる毎日」を過ごそうね!

今日、修了証をみなさんに渡しました。今年度の学校での勉強を終えたという証です。全員で協力して感染症対策を行いながら、1年間で学ぶ内容をしっかり勉強することができました。また、今年度から使うことになったタブレットの操作もすぐに覚えて、自分の勉強に生かすことができました。

 修了式で話した「嬉しかったこと」…。たった2つしか話せませんでしたが、これからも覚えていてくれると嬉しいです。
 校歌の歌詞の意味を大切にして、
「六輪小を愛し、一生懸命勉強して自分自身を磨き、とても仲の良い六輪っ子が思いやりを大切にして、健やかに、まっすぐ、明るく進んでほしい…」
 町探検の経験を思い出して、
「目をきらきら輝かせて何でも夢中になって行動を起こしてほしい…」

 来年度も六輪っ子みんなで素晴らしい1年にしましょう。健康管理と交通安全に留意して、しっかり春休みに新年度への準備をお願いします。

 
 
28

 
 ご卒業、おめでとうございます。顔晴れ、六輪っ子!

無事に卒業式が終わりました。6年生のみなさん!ご卒業おめでとうございます。4月からのスタートに向け、しっかり準備を進めてくださいね。健康管理が一番大切ですよ。

 式辞で相田みつをさんの「花を支える枝」についてお話をしました。
「みなさんは『花』です。美しい花が咲けるように、枝の役目、幹の役目を果たしてくださった方、そして、今もあなたに元気や勇気の栄養を与え、どんなときも一番、あなたを見守っている根の役目を果たしてくださっている人は誰なのか、考えてみてください。自分の見えない所で、多くの人が自分を支えてくれていることを、いつも感じて生きていく人であってほしい。そしてあなたも周りの人の花を咲かせるために陰で支える「根」となる存在になってほしい。その時に、「言葉の持つ力」を意識して大切に言葉をつかい、周りの人に元気と笑顔を与えられる人になってください…。」


 中学校でも夢中になって取り組む経験を重ね、信頼し合える良き仲間をつくって、すばらしい人生を歩んでほしいと強く願っています。

 6年生だけでなく、最上級生となり学校をリードする5年生のみなさんにとっても門出の式となりました。さあ、ここからです。顔晴ろう!

 
 
27

 
 奉仕作業、ありがとう・・・

 先日、6年間お世話になった学校への感謝の気持ちとして、6年生のみなさんが一生懸命、学校内の様々な場所をきれいにする奉仕作業を行いました。廊下や特別教室のワックスがけ、トイレ掃除、じゅうたんのはがれの補修、側溝の泥上げ、門扉のレール掃除、体育館周りの落ち葉ひろいなど、本当に一生懸命、取り組んでくれて、とても嬉しく思いました。
1〜5年生の六輪っ子も見違えるほど、きれいになった場所を見て驚いていました…。

 

学校を愛し、大切にする伝統は本当に素晴らしいです。下級生のみなさんも、6年生の姿をしっかり見て、受け継いでいってくれるはずです。中学校生活でも同じ気持ちで学校生活を過ごしてくれることを願っています。

 
 
26

 
 春は目の前・・・

 朝、登校するとき、ウグイスの鳴き声が聞こえることにみなさんは気がついていますか?
 学校の前の林からも朝、ウグイスの鳴き声が聞こえるようになってきました。花壇からも栽培・飼育委員さんが11月に植えてくれたチューリップの球根から芽が出て、あっという間に葉の形になってきました。ボランティアの方が整備してくださった花壇やプランターからもパンジーなどの花が元気よく咲き始めました。

 

6年生のみなさん!卒業式練習が始まりました。感染症対策もあるので、短時間集中で式の流れをしっかり覚えてください。5年生のみなさんも在校生代表としてよろしくお願いします。

 「今は、ものや人に感謝するとき」
というお話を朝礼でしました。1年間お世話になった自分の身の回りのもの(筆箱・上ぐつ・ランドセル・机・椅子・・・)、教室やトイレ、運動場など学校の施設、友だち、上級生と下級生、スクールガードさんはじめ地域の方々、そしてみなさんを支えてくださった家族の方々に感謝の気持ちを表して、これからも大切にしてくださいね。

 いよいよ春は、もう目の前です・・・

 
 
25

 
 感謝の気持ちがあふれた「6年生を送る会」
 

先日、6年生を送る会が行われました。感染症対策のために、全員が体育館に入場できず、合唱や大きな声も出せない状況でしたが、どの学年も心のこもった素晴らしい出し物や演奏を披露してくれました。


 「タブレットを使ってのメッセージ」、「可愛いダンス」、「ニュース形式のインタビュー」、「六輪小○?クイズ」、「歌えないので歌詞を示して贈ったメッセージ」 ・・・・ どれも見応えがありました。6年生の「『虹』の演奏」も感動的でした。
先生方一人一人から贈られたエールも、6年生の心に届いたと思います。

 

学年のあたたかい」 「年間、様々な経験()を積み重ね、成長してきたこと」


  そんな六輪小学校の卒業生であることに誇りと自信をもって、中学校でも輝いてくださいね。残った六輪っ子も、さらに輝く六輪小学校を目指して、顔晴(がんば)ろうね。

 
 
24

 
 なわとび運動をとおして…  

現在、大変心配される状況ですが、手洗い、マスク、換気、3密回避、黙食などの感染症対策に心がけて学校生活を送ることができています。これからも気を引き締めて続けていましょう。


 行事や授業も、コロナ感染症の状況を確かめながら行っていますが、現在、みなさんで取り組んでいる「なわとび運動」を見ていると、本当に感心することがばかりで嬉しくなります。


 六輪っ子全員が、新しい技や記録にどんどん挑戦している姿が素晴らしい。

わくわく班で、上級生と下級生が仲よく励まし合いながら、記録を数えあっている姿が素晴らしい。 わくわく班の先生と一緒に、楽しく運動している姿が素晴らしい…。


  「ふれあい活動」は、とても楽しいですね。気をつけなくてはならないことはありますが、これからも大切におこなっていきたいです。

 
 
23

 
 充実した2学期! 3学期に向けて…
 

昨日、行われた芸能鑑賞会「西遊記」は、アクションもあって見応えがありましたね。

2グループで行いましたが芸能鑑賞会も、今日の終業式もみんなで集まって行うことができ、本当によかったです。


 様々な学習や行事などを経験したこの2学期!大きな事故や病気もなく、みなさんが元気に過ごせたことが何よりも嬉しいです。冬休み中も、交通安全、健康管理に気をつけて素敵な冬休みを過ごしてほしいです。


 新年のスタートに、六輪っ子全員に目標にしてほしいことを伝えました。

「目の前にいる人の表情、周りの人の行動やいろんなできごとを、しっかり自分の目で見ること」

「心の底から話をきくこと(目と耳と心で)」

「あいさつがきちんとできる人になること(「おはよう」「ごめんね」「ありがとう」)」

(芸能鑑賞会での三蔵法師や孫悟空の言葉の中にもありました。お互い信じ合うことができるように大切にすることは…?)


 「しめくくりの3学期」も、六輪っ子の夢中になって取り組む姿、いっぱい見せてくださいね。

 
 
22

 
  大切な学び… みなさんに感謝…

 ここ数日、各学年で講師の先生をお招きし、勉強をする機会がありましたね。4年生の「はたらくことを学ぶ会」、3年生の「そろばん教室」などです。   

「はたらくことを学ぶ会」では、お忙しい中、8名のお家の方や地域の方がみえて、様々なお仕事の内容、やりがいや苦労、また、小学校生活の中で大切にしてほしいことなどを教えていただきました。自分の夢が広がったことはもちろん、「今、自分がチャレンジすることは何か?」を考えることもできましたね。
 「そろばん教室」では、なかなか触れる機会のないそろばんに触れ、その使い方を教えていただきました。そろばんを使って計算ができた瞬間、とっても笑顔で喜んでいるみなさんを見て、ほほえましく思いました。

先日行われた6年生の郷土学習、修学旅行、2年生の町探検、3年生の消防署見学、4年生の環境学習などもそうですが、みなさんの周りの様々な分野の方々から教えていただくことは、本当に貴重で大切なことばかりです。勉強したことがどんどん自分の中に蓄積され、急成長しています。大切なことを教えてくださったみなさんに、感謝の気持ちをちゃんと示したいですね。

運動場で、「なわとび」「あんどこ」に挑戦している六輪っ子を多く見かけるので、とても嬉しいです。あと1週間、元気よく2学期を締めくくってほしいと思います。

 
 
21

 
 優しいということ・・・

 今日、初めて体育館で朝礼を行いました。六輪っ子が全員そろって朝礼をすることが、こんなに嬉しいことなんだということを強く感じました。このままの状況が長く続けば
と思います。引き続き、気を引き締めていきましょう。

 12/4()から10()まで「人権週間」であり、それに関係のあるお話をしました。
人権や道徳の勉強は、『優しい人』になるために学ぶものだと思います。
優しいという漢字の右側(憂)だけで『うれい』と読みます。その漢字の意味は、 
『自分の心の中がつらくてしんどくて、元気が出ないこと』
『悩んで、苦しくて、表情も暗くなってしまうこと』 です。

 そんな憂いの気持ちの時に、すぐそばに友だちや家族や先生が寄り添ってくれて
 『どうしたの?何かあったの?大丈夫だよ!一緒にがんばろう!』
って声をかけてもらえたら、どんな気持ちになりますか?
 『とってもうれしい。ホッとする…』・・・きっとそんな気持ちになりますよね。それが「優しい」ということなんだと思います・・・

 みなさんに、あらためて考えてほしいです。
 『どうしてあげることが優しいことなんだろう』『どんな言葉や行動が大切なのか』
 『今の自分はどうなんだろう』『本当の優しさって何だろう…』」

 「優しい」がいっぱいあふれた、あたたかい六輪小学校をこれからも六輪っ子みんなでつくっていきましょう。

 
 
20

 
 町探検で学んだこと・・・  

 今日は、地域のお店への町探検に2年生児童と一緒に訪問しました。お店に入るなり、見るものすべてに興味津々でキラキラ目を輝かせていました。あらかじめ用意していた質問だけでなく、気になったことをどんどん質問しているみなさんの姿に感心しました。普段、お家の人と何気なく行っていたお店の中で様々な工夫がされていることを知り、とても勉強になりましたね。
 
 
 学んだことをこれからの勉強や生活に生かしたいですね。
「お客様のために、○○○している」というお店の方の心
配りは、六輪っ子も大切にしなくてはならないことかもしれませんね。また、一生懸命、勉強することがお世話になった方への恩返しになりますよ。

 お忙しい中、子どもたちのためにご協力いただいたお店の方(お店にみえたお客様も含めて)、引率を手伝ってくださった保護者の皆様に感謝申し上げます。
 
 今日は、楽しく、温かい気持ちになりました…。
 
 
19

 

さあ、これから! 〜音楽発表会を開催して〜     

 今日は、学校公開日でした。音楽発表と授業の様子をお家のみなさんに参観していただきました。まだまだ、コロナウイルス感染症は心配される状況ですが、普段の学校生活の様子をお家のみなさんにたくさん見ていただくことができたのは、今回が初めてだったと思います。今日は、とても嬉しかったです。

音楽発表会では、元気な歌声やかわいいおどり、様々な楽器をつかって息の合った演奏、ソーラン節など、各学年のカラーを出して一生懸命演奏することができました。また、今までの学校生活を振り返ったり、お家の人への感謝や今後の決意を素直に示したりする場面もあり、感動しました。

授業も、自分の考えを自分の言葉で言える人、友だち同士の意見交換の中でお互いの考えをよく聞いて考えを深めている人、アイデアや工夫をどんどん出していこうとする人が多く見られ、感心しました。
(六輪小学校を前向きにする標語のアイデアも100人を超えました。すごい!)

今日は、次のステップに進むためのよい節目になったと思います。2学期をしめくくるこれから1ヶ月のみなさんの動きも楽しみです。
 「笑顔で、元気に、六輪っ子!」 さあ、12月もいろいろやってみよう!

 
 
18

 

わくわくする毎日…     

「校外でのボランティア活動が悪天候で中止になり、急遽、校内で行った大掃除」(机みがきや椅子みがきをすごくがんばっていましたね…)

「演奏や歌声(マスクをしていて歌いにくいとは思いますが…)がよく聴こえるようになってきた音楽発表会の練習」

わくわくリーダー主催によるわくわく長縄大会」

「六輪小学校を明るく前向きにする標語の大募集」・・・

最近、六輪っ子の様子を見て、わくわくする毎日を過ごしています。みなさんはどんな気持ちで毎日を過ごしていますか?

新たな発見やできるようになったことが増えたり、今まであまりお話や遊ぶことがなかった同級生や上級生、下級生と一緒に過ごしたり、六輪小学校の一員として学校のことを考えたりする機会は、とってもわくわくしませんか?

いろいろな活躍の場があり、チャレンジの場があり、自分を伸ばす場がある今は、とてもチャンスですね。来週もわくわくしましょう

 
 
17

 

正しい姿勢は、心身の健康と生活リズムをつくる(学校保健委員会より)     

 学校内を散歩すると、どこにいてもキンモクセイの香りが漂ってきます。(以前にも香りがしたはずですが、今年は気温の変化が例年と違っていたので、2度咲きしたようです。楽しみが増えて嬉しいです。)とても過ごしやすい気候になりました。


 先日、学校保健委員会が開催され、5、6年生のみなさんが参加しました。
「正しい姿勢で生活する習慣を身につけよう〜筋力アップを目指して〜」というテーマで、スポーツクラブの先生をお招きし、お話を聞いたり、実際に体を動かして教えていただいたりしました。

「姿勢が悪い状態が続くと、どんな悪影響があるか?」
「姿勢をよくするための呼吸法や運動遊び」
「正しい姿勢の作り方」などを、丁寧に、そしてとてもエネルギッシュに教えてくださいました。

 心も体もほぐれて元気になっていく様子がみなさんの表情にとても表れていました。これからの生活にすぐに生かせますね。
 先週から始めた「お昼の姿勢タイム」も、どのクラスもすごく真剣に行っているので授業中の姿勢も集中力も変わってきているのがはっきり分かります。教室をまわるのがとても楽しみです。

「正しい姿勢は、心身の健康と生活リズムを築いていく」…これからも大切に継続していきたいですね。
 
 
16

 

六輪っ子が引き継いでいくこと…

 今日も心に残る出来事がありました。

5・6年生による「マーチング発表会」です。コロナウイルス感染症の感染拡大のために練習が思うように進まず、運動会では発表できませんでした。先日の病院訪問演奏も雨天中止となりました。待ちに待った今日、すばらしい快晴のもと、たくさんのお家の方にみなさんの演奏を参観していただきました。下級生も教室の窓から先輩の演奏を見ていました。元気で迫力があり、心のこもった演奏ができました。応援団長の「六輪っ子エール」も素晴らしかったです。

今度は、5年生と4年生が伝統を引き継いでいく番ですね。「気持ち」を引き継いでいくことは、とても素晴らしいことです。バトンを渡した6年生も、バトンを受けとった5年生はじめ下級生のみなさんも、これからどんな姿を見せてくれるか楽しみです。 午後の「姿勢タイム」も始まりました。集中して5時間目をスタートさせています。
11月に入ります。元気よく笑顔でいきましょう!

 
 
15

 

さまざまな体験を通して、きらきら輝く六輪っ子!

 「スポーツの秋」「読書の秋」「食欲の秋」「○○の秋」・・・・過ごしやすく、いろいろなことにチャレンジしやすい季節になりました。健康管理に気をつけて、どんな秋にしていくか考えてみてください。
 
 先週も行事が続きました。遠足、サツマイモ掘り、ふれあい教室(うさぎ)など、学ぶことがとても多かったと思います。
 
 みなさんの表情や様子を見ていて、「とっても成長したなあ〜」と思いました。
「うさぎに触れ、小さな命を知り、命の大切さを学んでいるときの笑顔!」
「土の中から想像以上の大きなサツマイモが出てきて、びっくりした様子!」
「新たに知ったことを一生懸命、ワークシートに自分の言葉でまとめている様子!」
「エレベーター試験塔の展望台から稲沢の町全体を見渡したときの興奮した表情!」「バスの運転手さんや様々な施設の方に、『お願いします』、『ありがとうございました』としっかり挨拶をしている凜々しい顔!」

 先日、学んだ「HAPPY コミュニケーション」をすぐに実践して、おへそを向けて笑顔で話を聴き、よい姿勢で挨拶している人もたくさんいました。

 1つ1つの体験を経て、みなさんはどんどん成長していくのですね。どの六輪っ子も今は、まるでスポンジのようにいろんなことを吸収しているように見えます。これからも、すばらしい毎日(秋)にしてくださいね。

 
 
14

 

「HAPPY! コミュニケーション」     

 今年度初めて、六輪っ子が全員、運動場に集まって朝礼を行いました。
 何よりも嬉しかったのは、生徒指導の先生方が「あいさつのキャッチボール」の話をされたあと、みなさんから自然に拍手が起こったことです。

 また、先日は、企業に勤めて社員の育成をしてみえる水田先生が、みなさんにお話をしてくださいました。
 〜 HAPPY! コミュニケーション 〜
 ・ ハッピーになるために、「上を向いて、胸を張って、笑ってジャンプ!」
 ・ 「ありがとう」のことば 
 ・ ハッピーになるための話の仕方、聴き方、姿勢…「笑顔ちゃんとうなずきくん」

 ・ あいさつするときの姿勢
  六輪っ子の表情や姿勢が、水田先生のお話で、みるみるうちに変わっていきました。みんなが笑顔になりました。その様子を見ていて嬉しかったです。

 とても幸せな時間を感じることの多い数日間でした。これからの六輪っ子の活躍が楽しみです。

 
 
13

 
「たね」 … みんなで、よい「たね」をまこうね!

 運動会に向けて、みなさん、一生懸命、練習に取り組んでいます。まだまだ油断せずに感染症対策と自分の健康管理に努めてくださいね。
 
 先生たちも地域のボランティアの方も、運動会に向けて、運動場の環境を整えています。
学年花だんで育った野菜や花が終わり、枯れてしまったものの中から、いろいろな種(たね)をひろうことができました。3年生の花だんにあったひまわりや4年生の花だんにあったツルレイシ(ゴーヤ)のたねなどです。(ツルレイシのたねは、4年生の六輪っ子からプレゼントしてもらいました。ありがとう。)

 たくさんのたねを見て、こんな詩を思い出しました。
 
 「 たね   相田みつを

  
  種子(たね)さえ 蒔(ま)いておけば
  
いつかかならず 芽(め)が出る
  よいたねには よい芽が 悪い種子には 悪い芽が
  忘れたころに ちゃんと出てくる」

  先生はいつも、「たね」を「チャレンジ」とか「努力」という言葉に、
「芽」を「成果」とか「結果」という言葉におきかえて、この詩の意味を考えます。
「よいチャレンジはいつか必ずよい成果があらわれる。ちゃんとあらわれる…」

 六輪っ子のみなさんにいっぱい、よいチャレンジをしてほしいと願っています。先生たちもみなさんに、たくさんの種をまいて、元気でキラキラ笑顔にさせます。みなさんが大きく成長した時に、すばらしい芽が出るようなことをしてあげたいです。
 これからみんなで、よい「たね」をまきますよ!

 
 
12

 
 「ターニングポイント」 … みんなで素晴らしい2学期にしよう!

 いよいよ、今日から2学期をスタートします。新型コロナウイルス感染症が急激に拡大しています。今までとは全く違うコロナウイルスだと思って生活していく必要があります。「自分の命を守ること!」「みんなで協力してみんなの命を守ること!」を、六輪っ子全員でやっていきましょう。先生たちも、みなさんと一緒に気を引き締めて感染症対策にしっかり取り組んでいく覚悟です。よろしくお願いします。

 2学期、みなさんには「ターニングポイント(転機・分岐点)」という言葉を心に留めて、いろいろなことに臨んでほしいと思います。
 新しいコロナウイルス感染症が急拡大している中で、感染を防ぎながらみんなで学校生活を送っていく今も、ターニングポイントと言えます。
 野外教育活動で、ルールを守って集団生活をすることや自分の役割を果たし、仲間と協力していくことを学んだ5年生にとっても、この2学期はターニングポイントです。小学校のしめくくりを意識しながら学校生活を過ごし、下級生にバトンをつなぐことを考え、さらに中学校での生活もイメージしながら、今、必要なことに取り組んでいく6年生もターニングポイントです。六輪っ子全員、新たな目標をもってチャレンジするチャンスです。
 オリンピックやパラリンピックに出場した選手も大会を終え、引退して新たな道に向かって突き進もうとしている人、3年後を目指してもう練習を始めている人など、それぞれみえます。お仕事をしてみえる人も今のコロナの状況に苦しみながらも、「どうしたらいいか」「何をしたらいいか」を考えながら、新たな挑戦をしている人がたくさんみえます。そんな人たちに負けないように先生たちも、もう一度、新たな目標を掲げてがんばりたいと思っています。
 気をつけて取り組まなければならないことが続きますが、多くの行事や学校生活でみなさんが活躍する時がたくさんあると思います。笑顔で元気よく、みなさんがチャレンジする姿を見ることを楽しみにしています。

 
 
11

 
 折り返し… 元気に過ごしてね。

出校日がありました。みなさんの元気な顔を久しぶりに見ることができ、嬉しかったです。
 8月1・2日に、5年生は、旭高原自然の家での野外教育活動を実施しました。天気にも恵まれ、体調不良になる子や事故もなく、充実した2日間を過ごすことができました。とくに、共同生活や班活動を通して強い「絆」を深めることができました。六輪小学校・法立小学校・三宅小学校、3校の交流を深める場もあり、有意義な活動になりました。
 夏休みも折り返します。一番大切なことは、「健康・安全」です。お家の方と一緒に元気に楽しく過ごしてくださいね。感染症や熱中症対策、交通安全に十分に気をつけてください。
 次回の出校日に、また元気な顔を見せてくださいね。

 
 
10
 
 ルールには意味がある…

1学期の終業式を無事迎えることができました。みなさんが元気で、事故など危険な目に遭うこともなく、ここまで過ごせたことが何よりも嬉しいです。新しい学年の勉強やタブレットを使っての学習にも、一生懸命取り組むことができました。学級や学年の友だち、下級生や上級生のつながりを大切にして過ごすこともできました。
 さて、みなさんにスポーツのルールの話をしました。ルールがなかったら、そのスポーツの楽しさを味わえなかったり、ゲームする相手同士で嫌な思いやけんかをしたり、場合によっては大きなけがにつながったりするかもしれません。ルールがあり、みんながそのルールを守ってプレーするから、勝敗の感動や試合後の充実感を味わえることができます。
 みなさんのお家にも、学級にも、学校にも、社会にもルールがあります。
  「相手の話を聴くときは目を見て、静かに話を聴く」
  「ゴミ出しやお風呂掃除など、お家では○○が自分の仕事」
  「周りの人に感謝する気持ちを忘れない」
  「『おはよう、ごめんね、ありがとう』が素直に言える」
  「相手が笑顔になることを考えて行動するのが六輪っ子!」・・・
 ルールには必ず意味があります。そのほとんどが、あなたの毎日の生活を幸せにし、みんなも楽しく、元気に健康でいられるように考えられているんです。

 長い夏休みを迎えます。自分の守るべきルールを守って過ごしたいですね。特に、命を守るルール」は、何よりも大切にして40日間を過ごしてほしいです。
 9/1の始業式に全員、元気な顔を見せてくれることを楽しみにしています。夏休み中の出来事も、いろいろ聞かせてくださいね。東京オリンピックも開催されます。時間があったら選手の活躍を観て、いっぱい感動を味わってください。まだまだコロナ感染症も熱中症も心配ですので、十分に気をつけてくださいね。素晴らしい夏休みを過ごしてください。

 
 
9
 
 小さな気配り、心配りのできる六輪っ子に…

 7月に入りました。六輪っ子の育てている草花や野菜の成長がスピードアップしてきました。終業式まで、毎日元気に過ごし、1学期のしめくくりをしてほしいと思います。

 先日、学校をよく散歩するお話をしました。登校前や下校後の教室や下駄箱などを見ることが、授業中のみなさんの様子を見に行くのと同じくらい楽しいです。運動場を歩くのも好きです。ボランティアの方が手入れしてくださったたくさんの花が咲いている花壇やきれいに刈られた芝生を見ていると本当に心が落ち着きます。

 運動場の石を毎日、10個ずつ拾い始めたこと、捨てていたバケツの中の石の量がしばらくしたある日、増えていることに気がついたこともお話しました。「誰かが石を拾ってくれている!」ということを知ったとき、とても嬉しかったです。

 目立たないけれど、小さな気配り、心配りは、相手に幸せや元気を与えます。 「気持ちのよい挨拶をすること」だってそう、「掃除にもくもくと取り組むこと」だってそうです…。

 1学期がもうすぐ終わりますが、きっとまだ、やり残したことがあるはずです。小さな気配り、心配りも今からやれることがあるはずです。いろんなことに気づくことのできる六輪っ子であってほしいです。みなさんの行動、ちゃんと見逃さないようにします。

 
 
8
 

よい姿勢づくりは、心づくり

6月25日に学校保健委員会が開催されました。今回のテーマは、「正しい姿勢で生活する習慣を身につけよう」〜実践力アップを目指して〜でした。

保健委員会が中心となって、姿勢に関するアンケートや姿勢ウィークの取り組み、自分の姿勢チェックを行いました。最後に、学校医の先生のお話を聞いて、「姿勢の大切さ」を学ぶことができました。 

4月からタブレットも使っているので、いい姿勢を心がけてほしいという気持ちが強くなりました。授業への集中力、毎日の生活リズムもよい姿勢だと、どんどん高まってきます。気持ちも落ち着いて、すっきりします。 

「足はぺったん、背中はピン!お腹と背中にグーひとつ」

朝の「姿勢タイム」を今まで以上に大切にして一日をスタートさせたいですね。これからもいい姿勢で、体も心も健康に毎日を過ごしてください。

保健委員会のみなさん、本当にありがとう。学校医の先生、PTAの皆様、ご参加いただき、ありがとうございました。

 
 
7
 
 雑感 〜 花壇をながめて 〜

蒸し暑い毎日が続きますね。健康管理、よろしくお願いします。

最近、学校中のあちこちでいろいろな種類の花が咲いていることに、みなさんは気づいているでしょうか?環境ボランティアの方が、「六輪っ子のみんなに少しでも花の名前を覚えてもらえたら嬉しい!」ということで、いろんな種類のお花を植えてくださいました。先生も見たことのない変わった花もあります。

昼休みなどに一度、花壇をながめてみてください。特徴のあるお花がいっぱいあります。できたら、図書館で何の花か調べてくれると嬉しいです。ボランティアの方のお気持ちが嬉しいです。感謝の気持ちでいっぱいです。

暑さに負けず、お花たちも「自分らしさ」を表現してくれています。1学期もあと1ヶ月余りですが、まだまだ、活躍の機会はたくさんあります。「チェンジ! チャンス! チャージ! 」顔晴ろう!

 
 
6
 
 いのちを大切に…

緊急事態宣言が延長されるのと同時に、暑くなり、熱中症が心配になってきました。感染防止対策とともに、水分補給や場合に応じてマスクを外して活動することがあることを頭において適切に行動してください。よろしくお願いします。 

朝礼でもお話をしました。「いのち」についてです。みなさんが今、一生懸命、世話をしているお花や野菜の種や苗がぐんぐん成長しています。植物にも、小さな生き物にも「いのち」があり、先生も六輪っ子のみなさんも、一つずつ大切な「いのち」があります。

 相田みつをさんの「自分の番 いのちのバトン」

自分が生まれるまでに多くの人の「いのち」がつながって、今の自分があります。そして、わたしたちも、次の「いのち」へバトンを渡していくんです。「自分のいのち」「周りの人や生き物のいのち」を大切にしなくてはなりません。コロナ禍のこんなときだからこそ、余計にその大切さを忘れないで過ごしたいですね。 

健康管理、交通安全、運動・休養・栄養・睡眠に気をつけて、自分の「いのち」を大切にしてください。
 育てている植物、生き物、家族、友だち、地域の方、先生など、あなたの周りの「いのち」にも、温かい気持ちを大切にしてくださいね。いくぞ、六輪っ子。

 
 
5   新たな学びに向かって顔晴れ(がんばれ)!

先日、教育委員会からお客様がみえました。六輪っ子のみなさんの授業や学校生活の様子を参観されました。
 
 みなさんが、「笑顔で、一生懸命、授業に臨んでいる姿がすばらしい」というお話をいただきました。とくに、タブレットを使った新しい学習にも、意欲的に臨むことができました。自分の考えを周りの人にしっかり伝えたり、友だちの意見を参考にして考えを深めたりすることもできました。タブレットを使い始めて1ヶ月ほどしか経ちませんが、みなさんの覚えていくスピードにびっくりしています。

 
 まだまだ、先生たちも新しい学びの勉強中です。みなさんもタブレットの使い方と合わせて、「なぜ、○○は○○なんだろう?」「○○くんの意見に賛成」「自分は、○○だと思う」「○○ができた」「○○の部分が分からない」など、自分の考えをどんどん広げ、深めてほしいと思います。また、「自分で考えるとき」「話を聞くとき」「発表するとき」「話し合うとき」をきちんと区別することも大切ですね。さらに、目が悪くならないように、姿勢づくりや目を休めることもこれから工夫していかなくてはなりませんね。
(運動場の花壇など、緑を目にすることもいいことですよ。お家でも気をつけてくださいね。)
 これからも、みなさんが毎日、どんなことを学んで、どんなことを考えて、いろんなことを吸収して成長していくのか、すごく楽しみです。

 
 
4
 

六輪っ子の温かいつながり…
 ゴールデンウィーク明け、みなさんがどんな顔で登校するのか少し不安でしたが 元気よく、「おはようございます」と挨拶してくれた六輪っ子ばかりで安心しました。まだまだ、感染症が心配な毎日が続きます。学校でも、お家でも、しっかり予防と健康管理に努めてください。

 この2日間、異学年の温かいつながりを感じる機会があり、とっても嬉しくなりました。

 2年生の子が1年生の子を一緒に連れて、校舎内をまわった「学校探検」。お兄さん、お姉さんとして一生懸命、1年生の子をリードしている姿が素晴らしかったです。1年前の学校探検を思い出し、「ずいぶん成長したなあ…」としみじみ思ってしまいました。
1年生のために各学年、歓迎の発表をおこなってくれた「1年生を迎える会」。 こちらも、どの学年も一生懸命発表する姿に感動しました。
 

 1ヶ月が経ち、1年生のみなさんもこれで正式に、「六輪っ子」の仲間入りです。これから、「六つの輪」がどれだけ輝くか、強い絆で結ばれるか、とても楽しみです。同学年や異学年の温かいつながりをこれからも大切にしたいですね。先生チーム・お家の人・地域の人チームも温かいつながりでは負けませんよ…。

 
 
3
 

命を守るために…
 先日、大切な行事が続きました。「避難訓練」と「交通安全教室」です。真剣に 取り組む六輪っ子の様子を見て、安心しました。

 「命を守る訓練」は真剣勝負!本当に災害が起きてしまったときのことを考えて 行動すること、また、交通事故に絶対にあわないように、自分の身を守るルールをしっかり身につけなければなりません。

 みなさんをいつも見守ってくださっている人たちの顔も、しっかり思い浮かべてくださいね。行事に来てくださった警察署や市役所のみなさん、いつも見守りをしてくださっているスクールガードさんや地域のみなさん、登校時の立番や校外学習の引率を手伝ってくださるボランティアのお家のみなさん。そして、誰よりもあなたを大切に思っている家族。もちろん、六輪小学校の先生たちも…。


 六輪っ子のやるべきことは、周りの人を笑顔にすること、決して、悲しませることではありません。これからも「命を守る訓練」に真剣に取り組んでほしいと思います。

 
 
2
 
いろいろな発見から学ぼう!
 4月も後半に突入しました。先日、学校たんけんで校長室に来てくれた1年生のみなさんに、「学校生活に慣れましたか?」とたずねたら、全員、「はい!」「うん!」と答えてくれたので、ホッとしました。ここからも油断せず、健康管理、感染症対策をきちんと行って、元気に学校生活を過ごしてほしいと思います。

 暖かくなってきて、木々や草花がぐんぐん生長しています。小さな生き物も動き出しました。六輪小学校の運動場もさまざまな変化があって楽しいです。それに気づいている六輪っ子もいっぱいいて、うれしく思います。
 いろいろなところに目を向けて、いろいろな発見をするチャンスです。たくさんのことを学んでください。
 まわりの人たちとのつながりにも同じことが言えます。新しい仲間、下級生、先生方、地域の方・・・。人のつながりが広がれば広がるほど、いろいろな発見や学びがあります。学校では、お互いに刺激し合える六輪っ子であると、素晴らしいと思います。

 まずは、毎日、元気よく「あいさつ」を交わすことを大切にしていこうね!
 
 
1 「チェンジ」「チャンス」「チャージ」の1年にしよう!
 令和3年度の六輪っ子の学校生活がいよいよ始まりました。新1年生も元気に入学しました。これからどんな六輪っ子の活躍が見られるか、とても楽しみにしています。3つの合い言葉で大切にしてくださいね。

1つ目の合い言葉、「チェンジ!」
 新しい学年になりました。気持ちを切り替えて新たな行動が起こしやすい時は今です。1つ、何か取り組むことを決めて、今までの自分から一歩成長した自分に変身したいですね。「自分自身のチェンジ」見せてください。
2つ目の合い言葉、「チャンス!」
「ここが行動を起こす時!自分の見せ場!」という絶好のタイミングが必ず訪れます。自分を成長させる「チャンス」の時を絶対に逃してはいけません。勇気や覚悟がいるときもありますが、迷うくらいなら行動を起こして、自分のプラスにしてください。
最後の合い言葉、「チャージ!」
何かをがんばり続けるには、エネルギーが要ります。きっと疲れてしまうときもあると思います。そんなときは、しっかり充電してください。「気持ちを楽にして、ホッと一息」「読書や趣味で気分転換」もよい方法ですが、何よりも、「友だちの温かい言葉や励まし、あいさつや『ありがとう』という言葉」が、一番元気になれます。周りの友だちとチャージし合えるいい関係づくりを目指してください。
にこにこ笑顔で、元気よく、顔晴ろう(がんばろう)ね!
 
 
 
このページの著作権は稲沢市立六輪小学校に帰属します。本校のホームページに
掲載されている独自の画像及び文章を無断で使用することを禁じます。
Copyright(C) by Rokuwa Elementary School