トップページ>緊急時の登下校


台風情報に関する児童の登下校について
(1)  登校以前に,名古屋気象台から稲沢市に暴風警報が発表されている場合
ア 午前6時までに警報が解除された場合は,平常どおり授業を行います。
イ 午前6時から午前11時までに警報が解除された場合には,解除後2時間を経てから授業を始めます。
ウ 午前11時以降警報が継続されている場合には,授業は行いません。
(2)  登校後に、名古屋気象台から稲沢市に暴風警報が発表された場合   
ア 直ちに授業を中止し,下校は,すべて『緊急お迎え下校』とします。速やかに学校(学級)へお迎えをお願いします。
イ 登校中の場合は,情報を知り得た時点でただちに帰宅させてください。
大規模な地震が起き,緊急連絡がとれないような場合   
(1) 登校前 ‥‥‥ 自宅で待機してください。
(2) 登校後 ‥‥‥ 揺れの状況を見定め、学級で避難させます。下校は、すべて『緊急お迎え下校』
       とします。安全を確認後,速やかに学校(学級)へお迎えをお願いします。
大雨・雷・洪水・大雪警報が発表された場合    
 登校時は、原則として周囲の状況・通学路の安全を確かめて登校させてください。また、在校・下校時に発表された場合は、状況に応じて学校で待機をさせる場合もあります。
登校・下校時の留意点(児童の人命が最優先)
(1)  道路の冠水、河川の増水等により登校が危険な場合には登校を見合わせてください。その際,その旨を学校へ連絡をしてください。
(2)  石垣・ブロックの塀・鳥居等の倒れやすいもの,ガラス窓の直下、軒下などの落下物の予想される場所をさけて通ってください。
(3)  電気の高圧線下等は,避けるか速やかに通ってください。
緊急連絡について
 学校からの緊急連絡は,「電話による緊急連絡網」と「市緊急情報メール」で連絡をします。
(緊急連絡網経路: 学校 → PTA正副交通安全委員長→町内PTA交通安全委員→町内各家庭)
・ 子ども会に加入していないお子さんへの連絡も、漏れのないように各町内でご配慮をお願いします。
・ 登校前の連絡は,できるだけ午前7時20分以前に連絡します。
・ 電話による緊急連絡を補完するものとして,登録者には市緊急情報メール配信も行います。

◆ 特に緊急を要する場合(落雷が想定される場合の急な下校時刻の変更等)は,「市緊急情報メール」のみで連絡をする場合もありますのでご了承ください。

東海地震に関する情報
  @ 東海地震に関連する調査情報(カラーレベル青)
定例・・・毎月の定例の判定会で評価した調査結果を発表。
臨時・・・観測データに通常とは異なる変化が観測された場合,その変化の原因についての調査の状況を発表。
A 東海地震注意情報(カラーレベル黄)・・・観測された現象が前兆現象である可能性が高まった場合に発表。
B 東海地震予知情報(カラーレベル赤)・・・東海地震の発生のおそれがあると判断した場合に「警戒宣言」が発表。